短期海外留学でBank of America口座作って失敗だった話

まめです (@mameoisiiyo)。

当ブログでは短期の海外留学・赴任者向けにSony bank Walletを推奨しておりますが、本当に現地銀行口座は不要なのでしょうか?

アメリカに実際に数か月滞在する機会があったので、社会勉強を兼ねてBank of America(BoA)で口座開設をして使ってみました。なぜBoAかというと、日本人がアメリカ現地で口座を開く場合、多くの場合ここを選択するであろう、と予想したからです。

【実験】Sony bankを米ドル用のメインバンク、Sony bank Walletをメインカードとして生活をし、BoAの出番が来るかどうかを2か月間検討しました。

この経験から学んだことを下記に残しておきます。

Bank of Americaの口座の出番はなかった

まずは結論です。短期留学の一時的な滞在をしていた私にとっては、現地口座開設は不要でした。なぜなら、Sony bank Walletで事足りたからです。

BoAの出番が無かった要因は下記2点。

  • まとまった現金支出が必要となる機会がなかった
  • Sony bank Walletが使えない場所がほとんどなかった

留学期間が長期に渡る場合は、車の購入 (小切手利用) や、家賃の自動引落設定のためなどで、現地銀行が必要になる可能性はあります。

が、私のような短期留学ではSony Bank Walletで必要十分でした。

日本への送金が高コストかつ面倒だった

私は留学終了後、BoAから日本の銀行口座(MUFJ)に日本円に両替して送金しました。

送金にあたり、BoAから為替手数料をとられ、更にMUFJから4,000円の請求がありました。

まったく出番なかったのにお金だけかかった…。

なお、BoAは 現地の電話番号がないと1,000ドルまでしかオンライン送金ができません。 現地の電話番号があれば、SafePass(二段階認証)が使えるので1,000ドル以上も送金可能。ただし50ドルは残高に残ってしまう、という罠があります。

Chase Bankであれば、二段階認証をEmailに設定できるので、現地番号がなくても海外送金可能だったのかもしれません(当方は実際には試しておりません。必ずご自身でご確認ください)。なお、セキュリティ的には電話番号に劣る点は注意。

送金手数料がもったいないので、放置しようかと思ったのですが、「USでは預金口座に動きがないとすぐに凍結される」との噂を聞いたため、泣く泣く手数料を払って送金しました。

私の反省点

日本への帰国が確定しているケースでは、銀行選びの重要ポイントは「現地での使用感」のみならず、「帰国後の送金や解約手続き」であったと反省しております。特に、「アメリカ国外での二段階認証」まで思考が及んでおりませんでした。

短期留学は、Sony Bank Walletとクレジットカードだけもっていれば十分でした。皆さんは私と同じ轍を踏まないでくださいね…。そうすれば、無駄に支払った私のお金も浮かばれるかもしれません…。

card海外留学・旅行には現金感覚で使えるSony Bank Walletが超便利な8つの理由
まめ
まめ

Twitterでも情報配信しているのでもしよかったらフォローよろしくお願いします。
「記事が役立ったよ」と思ったら是非「いいね」頂けるととても嬉しいです!励みになります。