TOEFL100点を半年で達成するための勉強時間の目安と回復戦略

まめです (@mameoisiiyo)。

大学受験経験ナシ・純ドメ・仕事で英語使わないという会社員の私がどのくらい勉強を続けてTOEFL 100点越えを果たしたか、 という点についてご紹介します。

勉強時間は600時間程度

このくらい勉強しました。

  • 平日3時間、休日6時間
  • トータル勉強時間は600時間

2018年6月~10月まで約150日間休まず続けた結果、「大学受験経験ナシ・純ドメ・TOEFL受けたことナシ・仕事で英語使わない」 というフルコンボ状態から、TOEFL 100点を超えました。

最終スコアは106点です。(今はIETLS換算で110超えてます)

平日は3時間

平日の勉強タイムは以下の通り。

  • 朝5時~6時
  • 昼12時~13時(仕事場デスクで昼食とりながら)
  • 夜22時~23時
  • 移動時間(合計1時間程度/日): TPOのListeningのスクリプトを聞く

スマホの音楽アプリには、TPOスクリプト、 TOEFL単語帳(いわゆる3800本)の音源のみを入れ、その他は全部消しました。うっかり、 TOEFL以外の曲を聴いたりしないようにするためです。

私は朝型人間なので、朝に重点を置き、 夜はなるべく軽い勉強にしました。

TOEFLの勉強はPC画面と向き合うことが基本となるので、 寝る前にはなるべく画面を見なくてもすむような勉強をしたいという意図もありました。

PCスクリーンを凝視すると寝つきが悪くなり睡眠の質が劣ります 。それは翌日の勉強に悪影響を及ぼすので、 なるべく避けたかったのです。具体的には、夜は単語、 Readingスクリプトの音読などをしました。

紙媒体、 もしくは、 iPadの輝度を最大限下げたモノを利用しておりました。

休日は最低6時間

休日は

  • 午前3時間
  • 午後3時間

は勉強しました。

午前中は起床から12時までが7時間、午後は就寝までに11時間程あるのにも関わらず、午前午後で勉強時間が同一であることから、やはり朝に集中していたことが分かります。眠かったり、なんだ集中できない、というときは勉強をしても無意味です。

勉強時間の確保方法

これらの勉強時間を確実にこなしていくためには何が大事か?

それは、「平日3時間、休日6時間」の勉強時間を生活に組み込むことです。

私は先にスケジュール帳に入れてしまいました。

仕事、 プライベートの予定は、「次点の優先事項」 として位置付けます。

生ぬるい覚悟でダラダラ勉強していてもスコアは伸びません。

飲み会・お酒の誘惑

さて、ここで難関が待ち受けます。例えば、新年会・送迎会・忘年会といった「飲み会の誘い」 があることです。

私はスコアメイクの半年間、全ての飲み会をキャンセルしました。

極端な持論ですが、「自分リソースをTOEFLに投下すると覚悟を決めたなら、 すべての飲み会をキャンセル」しても良いと思います。

なぜか?「○○ さんに誘われたから行こうかな、○○さんがいるから行こうかな」 という無用な迷いがなくなるからです。

飲み会を選り好みしていると、 「○○さんの誘った飲み会には来たのに別の○○ さんが誘った飲み会には行くやつ」 という評価をうける可能性があり、人間関係的に危険です。

我々は、友達・ 同僚との関係性を悪くしたいのではなく、 あくまでTOEFLで100点を取りたいだけなのです。

だから、全ての飲み会をキャンセルすればいいのです。

歓迎会や送迎会もあるとは思いますが、「先約がある」 カードを切ってどうにかしてください。なぜなら、これはウソではないのです。

「TOEFL対策をする」 という正真正銘の立派な「先約」があるのです。

胸を張って堂々とキャンセルしてください。

ついでに、 私は家にあったアルコール類は全て人に譲りました。

冷蔵庫にアルコールがある状態は不健全です。そこにあるビールを飲めるのに飲まない私は「我慢をしている」という状況を生み出すからです。

元々何も無ければ、我慢する必要がなくなるので逆に心が楽になります。

勉強のために睡眠時間を削るべきか

私の考えでは、また、生物学的にも、 最低6時間は睡眠時間をとるべきと考えています。

5時間程度の睡眠でも日中に眠くなったりしないショートスリーパ ーであればいいのですが、 そんな稀有な能力を持っている人間は本当に少数です。

日中にお茶やコーヒーを飲まない状態(カフェイン摂取ナシ) で眠くなることがあるのであれば、 その睡眠時間は不足しています。

私の周りに平日に4時間程度の睡眠で仕事&勉強をしている人がいます。

その人は眠らないように立ったまま勉強しているそうですが、スコア変遷を聞くと6ヶ月間でTOEFLスコアがほとんど伸びていませんでした。

きっと勉強の「質」が悪いのでしょう。

平日は仕事で勉強時間を確保できない、 ということであればその分は休日にまわしましょう。

勉強量を確保できたら次に質を上げる

なぜ、 私が勉強時間を先にFixすべきと申し上げているのかというと、 それは、「予定」を強制的に確保できるからです。

まずは勉強という予定をFixさせることで、時間を確保します。

「質」を上げたいのに「勉強時間」 がなかったら本末転倒ですから。

そして次に重要になるのが勉強の質です。

私のお勧めは、50~ 60分集中→10分休憩、というサイクルです。

集中してノッテくると、 ついつい長時間勉強を続けてしまいがちですが、「あー疲れた・・ ・」となる前に休息を挟んだ方が良いです。

これは仕事術にも関連しますが、 疲れる前に一度休憩をはさむと長期的な視点では勉強の集中度とト ータルの質が向上します。

長期的視野と休憩の重要性

別の記事で書いたReadingとListeningのノルマの 進捗次第ですが、土日のどちらかには夕方頃に2~3時間程度、 のんびりして気持ちをリフレッシュするのもいいかと思います。

あまりにストレスを加えると、 自律神経が乱れ、体と精神に異常をきたします。

特に、自律神経系が乱れて寝付きにくくなったり、 普段は気にならないことがすごく気になってイライラしてしまったり。

TOEFL対策においては、「徹夜で猛勉強」 する短距離ランナー的なやり方は向かないと思います。

「半年でTOEFL100点をとる」 というのは、陸上競技における長距離ランナーのようなものなのです。

40歳でもメジャーリーグ第一線で活躍していたイチロー選手のように、メンタル・フィジカルをしっかりとコントロールし、 目標達成に向けて長期的に「持続可能な」努力をする必要があります。

戦略的な「回復」技術

どうやって「回復」するのが良いか?

回復に関しても戦略的になることをおすすめします。

勉強をすると「脳」が疲れます。

なので、回復時間には「脳」を休ませる必要があるのです。「体」を休めるのではないのです。ここは大きな違いです。

回復中は、戦略的に「PC・スマホ・TV類」 からは離れるべきです。

これらのデバイスを操作するのは、脳のエネルギー・ リソースを想像以上に消費しているからです。

納得できない方は一度、ご自分で試してみてください。

回復時間に30分間Youtubeを見たりゲームをするのか、 それとも外に出て軽いジョギングをするのか。

回復後の勉強の捗り方を見れば、 違いは一目瞭然かと思います。

私が、戦略的回復で取り入れていたことは「座禅・瞑想、ルームバイク、散歩、ジョギング」です。

これは私の超愛読書です。

まとめ

TOEFL100点超えのための勉強時間は、

  • 平日3時間、休日6時間
  • 合計600時間の勉強時間

持続可能な勉強をするために、

  • 50~60分に一度休憩
  • 戦略的回復を取り入れる

あわせて読みたい

下記記事ではTOEFL 100点を目指す方針をまとめております。ぜひご覧くださいませ。

登山ランする画像【まとめ】純ドメが半年でTOEFL100点越を達成した勉強方法
まめ
まめ

Twitterでも情報配信しているのでもしよかったらフォローよろしくお願いします。
「記事が役立ったよ」と思ったら是非「いいね」頂けるととても嬉しいです!励みになります。