TOEFL100点のための Listeningの勉強方法

まめです (@mameoisiiyo)。

今回から個別セクション毎に、私の具体的な勉強方法についてご紹介します。

初回はListeningです。

TOEFLに対応できる英語耳を鍛えます。

メインの勉強教材はTPO

まず、今手持ちの学習教材は何を使っていますか?公式問題集以外は使わなくてOKです。この際、メルカリで売ってしまいましょう。意外と高く売れますよ。

じゃあ何使うの?

具体的にはTPO(TOEFL Practice Online)を使います。

TPOは1~54以降まで出ています。

つまりListeningでは300 passage、Readingでは150 passage程度の過去問が存在するのです。

なお、TPOの前にTOEFL3800本の単語の暗記は必須になります。この知識がないと、レベル3のポッポで四天王に挑むぐらい無謀な戦いになります。

詳細は別記事にまとめています。

海を船が進む画像TOEFL100点のための無駄のない【英単語】学習方法

学習戦略

TOEFL100点を最も効率よく攻略するための、ListeningとReadingの共通した戦略を紹介します。

「半年でTPOのListening 300とReading 100をこなす」

至ってシンプルです。登る山はこれで間違いありません。どうか登る道を間違えないように。

半年でListening 300 passageとReading 100 passageを目標に進めてください。

単純計算すると平均すると、[毎日Listeningを2passage以上]、[2日でReading1passage以上]のペースでいきます。

やらない日はなるべくゼロにした方がいいです。

歯を磨かない日はありませんよね?それと同じです。

日々のスケジュールの中に「英語タイム=TPOタイム」を組み込みます。

平日は仕事や学業でノルマをこなせない場合もあるでしょう。その場合は土日にリカバーすれば問題ありません。とにかく[Listening 14 passage、Reading 7 passage/週]を確実にこなしていってください。

個人的なお勧めとしては、TPO 1から昇順でこなすことです。理由としては、過去のTPOの方が聞き取りやすいから。最新になるにつれて会話のスピードが上がって難易度が上がったり、「こんなの知るか」というレベルのidiomが度々登場します。

また、設問の雰囲気も変わってきます。簡単に言うと、「古いのは詳細を問われる」「新しいのは詳細よりも概要を問われる」傾向が強いです。

TPO 1セットに会話2つ、講義4つがあります。

時間がある日は講義2つ、忙しい日は会話と講義1つずつ、と負担を分散させると良いです。

学習方法

1passageの勉強方法を紹介します。

  • 1回目:本気で解く。本番と同様に時間内厳守(1問あたり35秒以内)
  • 2回目:解答を見ないでもう一度聞く。
  • 3回目:一問ずつ精読とスクリプトを丁寧に追う。設問に再回答。ここで初めて解答を見る。「間違えた理由」を明確にする。

次の日:可能であればシャドウイング。一度シャドウイングできたらモノになっているはずなので次のpassageへ。

出会った単語、全て覚えてください。

出会ったフレーズ、全て覚えてください。

意味不明な構文があったら、その箇所のみ文法書で確認してください。

私はAnkiという暗記アプリを使用して暗記しました。

昼休み等にも同じpassageを繰り返し聞きます。一つ一つの文章を「意味を理解しながら」聞くことが必須です。聞き流しても英語は上達しません。

「語学プレイヤー」というNHKのアプリを使用すると2秒バックができて便利です。

www.nhk-book.co.jp

シャドウイングは初めは難しいので1文ずつでOKです。私の場合、ある日突然、音声を止めなくてもシャドウイングができるようになりました。これは慣れがあるのでしょう。

語学プレイヤーを使ったシャドウイングの効果的なやり方については別記事にまとめました。

音楽を再生する画像NHK語学プレイヤーの使い方: Listening力をシャドウイングで効率的に強化

だいたいListening 50, Reading 20あたりこなして慣れてくると以下のスケジュールでいけるようになると思います。

例)一日でReading 1, Listening 2をこなす

  • 朝:前日L 2つのシャドウイング→今日のL 2つ解く→答え合わせ&全文精読
  • 移動時間:Lのスクリプトをリピート再生
  • 昼休み:前日Rの読み直し
  • 夜:R 1つ解く→答え合わせ&全文精読

これで点数上がるの?と半信半疑の方、まずは1か月間騙されたと思ってやってみてください。

英語耳が鍛え上げられ、スコアが上がることが期待されます。

追記:モゴモゴバスターはTOEFL Listening教材としても有能

アメリカ英語のリスニング教材として「モゴモゴバスター」というオンライン講座があります。こちら、名前は怪しいのですが、費用対効果は抜群に最高に有能です。アメリカ英語独特のモゴモゴ話されるやつの理論を体系的に学ぶことができます。TOEFL Listeningの「会話編」で本領発揮すると思います。当方がフォローしているTwitter民達の間でも大人気の教材でした。

私自身もどっぷりとハマりすでに2周しています。下記レビューもご参考にしてください。

モゴモゴバスターのレビュー噂の英語リスニング教材モゴモゴバスターのレビューするよ【1周目終了】

では本日も素敵なTOEFLタイムを楽しみましょう。

https://www.mameoisiiyo.com/wp-content/uploads/2020/01/plofile_icon.jpg
まめ

Twitterでも情報配信しているのでもしよかったらフォローよろしくお願いします。
「記事が役立ったよ」と思ったら是非「いいね」頂けるととても嬉しいです!励みになります。

また!